僕の彼女は露出狂

僕の彼女は露出狂

Date: 2015/06/27

彼女はいつも遠まわしにツイッターに書く。

「はあ、またゲームばかり」

ウイニングイレブンをプレイしながら合間に携帯でツイッターを覗いた僕の手は止まった。またこれか。

彼女は言いたいことを直接言わない。なぜか遠まわしにツイッターを経由して言うのだ。

ゲームばかりで私に構ってくれない、どうして?そう言いたいのだろう。けれども、直接は言ってこない。

「いつも返事が遅いのは私のことなんてどうでもいいから?」

そんな言葉が彼女のツイッターに投稿される。

こういった発言の一番卑怯なところは、どうにも返答しようがないという点だ。

「返事が遅くてごめんね。やっぱ会議中とか携帯見れないからね」

と返答すれば済む話だが、それも変な話なのだ。彼女のツイッターの発言に返信したり、あるいは直接返答をしてはいけないのだ。

この種の彼女の発言は、あくまで僕が見ていない、見れていない、という前提で成り立っているのだ。見ているのは知っている。けれどもその建前なのだ。僕に言ってるんじゃない、中空に言ってる体裁に近い。それに返答するのはおかしい話、そんな暗黙の了解が成り立っている。

別に返答したところで彼女が拒否するわけではないだろう。ただ、自分の満足する返答でなかった場合、「そういうつもりではなかった」という逃げ道を準備しているのだ。

「ごめんね、仕事だから」

そう言えば、彼女は

「うん、わかってるよ、仕事だから仕方ないよね」

とでも理解ある彼女を演出するだろう。「いつも返事が遅いのは私のことなんてどうでもいいから?」なんて発言は、別に構って欲しがりの面倒な彼女みたいな発言ではない、別のものに向けた発言だという顔をするだろう。

「仕事だから仕方ねえだろ!ふざけんな!」

ありえないが、烈火の如く怒ったらだどうだろう。決定的に破綻するまで怒ったとしたら、彼女も開き直って。

「別にあなたに向けた発言ではない」

というだろう。大道芸を見るときに自然と形成される人垣。その少し離れた場所にできる人垣的な距離感の立ち位置でいくつもの逃げ道を用意しているのだ。なんにせよ彼女の発言は卑怯だ。

それに、矛盾しているかもしれないが、本質的にはこれらの発言は僕に向けているわけではないのだ。

「はあ、今日もドタキャンです。仕事だから仕方ないけどね。夜景が見えるレストランはおあずけ」

あのときは本当に申し訳ないことをした。でも、この彼女のツイッターからは様々な物が見え隠れしている。

まず、彼女はツイッターで「彼氏がいる」とは宣言していない。どうやらわざわざそんな宣言をするのは恥ずかしいようだ。けれども、周囲にはそうアピールしたいようで、こういった思わせぶりな発言が多い。

この発言だって、まず彼氏の存在を彼女の231人いるフォロワーに仄めかす意図が介在している。

そしてその彼氏は仕事が忙しいほどのエリートである可能性を匂わせ、夜景が見えるレストランでデートする充実っぷりを香り立たせ、それでも仕方ないと納得する理解ある慎ましい一途な彼女としての立場もアピールするのだ。

僕はこういった彼女のツイートを「露出狂ツイート」と呼んでいる。とにかくアピールしたくて仕方がないのだ。とにかく231人に勘ぐって欲しいのだ。彼女のことは好きだが、これら露出狂ツイートにはイライラして仕方がない。

一度そう思ってしまうと、彼女のツイート全てが露出狂ツイートに思えてくる。

「今日は帰りに図書館に寄って帰ろう」

文学的で可憐な少女であるとアピールしている。実際には何も借りてない、本も読まない。村上春樹だって1/3くらいよんで本棚に投げっぱなしだ。

「雑貨屋さんで見つけた小さなウサギの置物。癒されるー!」

小さなものが好きなカワイイ女アピール。そんな小物の癒しがマッチするオシャレな部屋アピール。実際には散らかっていることが多い。鏡の後ろに落としたツケマが見つからないくらい乱雑なことも。

「今日はカフェでハナちゃんと女子トーク!もりあがったー!」

仲の良い女友達もいるアピール。同性にもちゃんと好かれているアピール。実際には別の友達にはハナちゃんの悪口を言っている。

「今日はママから手紙着てた。懐かしくて涙出ちゃったよ。実家にもずいぶん帰ってないなあ」

親思いアピール。そんな郵便物は届いてない。親との仲もそんなに良くない。

「最近ストーカーに狙われて困ってます。怖いよ。警察とかに相談したほうがいいのかな」

ストーカーに狙われるほどモテるいい女アピール。

「怖いよう、どうしよう」

か弱き女アピール。怪しいやつはブロックすれば済む話、そう言ってるのにアピールは止まらない。

「うん、マサトに相談したら変な人はブロックしたほうがいいっていわれた。怖いもんね。マサトありがとー」

頼れる彼氏、的確なアドバイス、こんなにも周りに恵まれてるんです、私。

もう彼女は完全に露出狂だ。

ネット上の理想の自分と現実とのギャップを無視し、極度に理想の部分をアピールする。それは普段はトレンチコートを着てて、すれ違いざまにババッとやる露出狂とそんなに変わらない。

けれども彼女の気持ちも分かるんだ。インターネットやSNSをやる目的なんて、アピールでしかない。アピールしてなんぼだろ。偽りの理想の自分をアピールするだけだ。直接的にやると下品だから遠まわしにやる。それだけだよ。

だから僕もツイッターで遠まわしにアピールする。

「大丈夫かなあ。心配だな。ストーカーとかまじ心配。仕事が忙しくてなかなか会えないけど、なんとか時間作って会えるようにしないとね」

そうツイートする。彼女に向けて、僕のフォロワーに向けて。僕だって露出狂だ。

でもきっと、彼女には届かないんだろうな。仕方ないからツイッターのアカウントをログアウトして、また今日も彼女のツイートを見に行くんだ。今日はどんな露出をしてるのだろうかと。

名前
コメント