夢の中へ

夢の中へ

Date: 2004/09/15

部屋の窓を開け放ってパンツいっちょで寝ていたら、正体不明の虫に刺されてしまいました。夢の中では蛾の王様みたいな虫がパンツの中に入り込んできて必死に戦っていたのですが、どうやら本当に虫が入り込んでいたようです。

まず最初、虫を払いのけようとした指を刺され、指に激痛が走りました。しかし、まだ夢だと思っている僕。痛いと思いつつも半分は夢の中。

すると、次は腰の辺りを刺されました。またもや激痛が走りました。それでもまだ夢の中です。

次、とんでもない場所を刺されました。ええ、男性の非常にデリケートな部分です。なんというか、チンコの裏の付け根のモニョッとしたデルタスペースみたいな場所を刺されました。前2箇所とは比べ物にならない激痛でした。飛び起きるとはまさにこのことで、本気でガバッと起きました。

起きて見てみると、最初に刺された指には、ポツッと赤い斑点ができておりました。そして、その周りは信じられないくらいプックリ腫れておりました。

腰の辺り触ってみると、やはり激痛が走った部分がプックリと腫れておりました。

そしてそして、あまり考えたくなかったのですが、刺されたはずのパンツの中を・・・覗いてみたら・・・チンコが6倍くらいに腫れてました。まるで大きすぎて僕所属の兵器ではない感じです。こんなグロテスクで反則スレスレの兵器を持った覚えはないぞ。俺のはな俺のはな、もっとファニーでカワイイんだよ。これじゃあ核兵器じゃないか。

そんんなこんなで、必死で探したのですがついに虫も見つからず、訳も分からず指と腰とチンコが腫れあがってるのですが、チンコが6倍になってるってのは精神的にキツイものがあり、おまけにチンコ部分は痒さも他の部位の6倍。マトモな精神状態ではいられませんので、今日の日記はコレにて終わりにしたいと思います。

チンコ6倍ってのは言いすぎだけど、ホントマジで辛いよコレは。

名前
コメント