マイノリティリポート

マイノリティリポート

Date: 2002/12/26

25日はクリスマスということで映画を観に行ってきました。全然クリスマスとは関係ないんですけど、映画を見てきました。見た映画は「マイノリティリポート」。今話題のヤツですよ。

まだ見てない人のために詳細は述べませんが、この映画は近未来の世界を描いたものなんですよ。2054年の世界では、殺人事件は発生前に予知され、未然に防ぐことができるようになっているのです。

それでまあ、予知された犯人は事件を起こす前に逮捕され、身柄を拘束されるようになるんですよ。何もしてないのに逮捕されるわけね。その辺の未来の犯人の人権問題だとかが微妙に絡んでくるんですけど、そういうのを語るのは野暮というものです。

一番の見所は近未来の世界の描写ですね。「A.I.」でもそうだったのですが、監督であるスティーブン・スピルバーグの描く未来の世界ってのは素晴らしい。どうやったらあそこまで想像力を膨らませることができるんだろう、と感心することしきりです。やっぱ未来の話ってドキドキするから大好き。

それでですね、その近未来の話「マイノリティリポート」を、今流行のシネコンとかいう複数のスクリーンが存在する映画館で見たのですよ。他にも「ハリーポッター」だとか、「K-19」だとかやってましてね、映画館のロビーは人々でごった返してましたよ。

さすがクリスマスの夜ということもあり、いちゃいちゃするカップルやら、寂しげな男性グループ。一人で観にきている映画オタなんかモリモリといましたね。みんなそれぞれ観る映画は違えど、これから観る映画に想いを馳せながら、いい表情で待ってるんですよ。ロビーでポップコーンとか食べながら待ってるの。

僕もその例に漏れずにですね、ロビーのベンチに座ってモリモリとポップコーンを食っとったわけですわ。それで「マイノリティリポート」をやるシアターが開場されるのを待ってたんです。そしたらですよ、明らかに異常な人物がロビーに現れるんですよ。ちょっとあり得ないような人物がロビーに現れたんですよ。

いやね、坊さんがいるんですわ。

見事にスキンヘッドで、修行僧のような格好をした坊さんの2人組がですね、颯爽とやってきて映画の券とか買ってるんですわ。一休さんと珍念さんみたいな格好をした2人がモリモリとチケットを買ってるんですよ。

いやね、坊さんは映画を見るなとかは言わんですよ、坊さんだって映画を見たいですよ。でもね、クリスマスですよ、外は寒いですよ、みんながコートとか着て温かそうな格好しているのに、坊さんは普通に浴衣みたいな服着て、ワラジみたいなものはいてましたからね。その姿が物凄く異様だった。

で、ここで思うわけですよ。坊さん2人組は一体どの映画を観に来たのか。もしかしたら、坊さんは魔法に憧れてて「ハリーポッター」を観に来たのかもしれません。念仏と魔法ってのが何となく似てる。

もしくは、坊さんは熱狂的なモー娘。ファン、もしくはミニモニ。ファンで「小犬ダンの物語」と「ミニモニじゃムービー」を観に来たのかもしれません。それだったら非常に面白いのです。まさか「ハム太郎」とか「ポケモン」とかではないだろう、などと勝手に坊さんの観る映画を予想してました。そしたら、

「マイノリティリポートをご覧のお客様、開場です」

とか放送が入るのですよ。これでやっとこさ観ることができる、さあ移動しようかなどと立ち上がったところ、その坊さん2人も移動してるんですよ。物凄い笑顔で移動してるの、坊さん。

いやはや、坊さんが「マイノリティリポート」とは考えもしなかった。坊さんと近未来映画ってのがどう考えても繋がらない。でもね、坊さんだって近未来映画を観たいと思うのですよ。見たっていいじゃないですか。

っていうかね、考えるのですよ。マイノリティリポートのマイノリティってのは少数派という意味です。クリスマスで街中が浮かれ西洋風にクリスマスを過ごす人が大多数ですよ。そんな日本で仏教徒である坊さんは少数派、マイノリティなわけですよ。結局ね、クリスマスをカップルで楽しむ人も、一人身を呪う人もクリスマスに身を置いている大多数であるんですよ。そんな中、マイノリティである坊さんが修行僧姿で町に繰り出す、マイノリティのレジスタンスとも取れる行動ですよ。やるじゃねえか、坊主。

しかもですよ、そのクリスマスにおいてマイノリティな坊さんがマイノリティレポート」を見るのですよ。なかなかトンチが利いてるじゃねえか。

とまあ、坊さんが映画館にいるだけ色々なことを考えてしまって映画に集中できないんですよ。それでも頑張って「マイノリティリポート」を観るんですよ。でまあ映像的に気に入ったのですがね、予知能力者が未来を予知するシーンがあるんですよ。

その場面でではですね、予知能力者が断片的に見た未来の殺人現場の映像がフラッシュしつつ出てくるんですよ。ビカッと光って映像が出てくるの。

そのフラッシュバックのような映像が出てきた時に、僕の斜め前方に座ってた坊さん2人組観たら、坊主頭が光ってた。映画のフラッシュバックに反射して、頭が光ってた。ピカッと光ってた。もう気になる気になる。

結局ね、映画中で激しく光がフラッシュするシーンなんか、映画観ずに坊さんの頭ばかり観てた。全然集中できない。

でまあ、皆がわざわざ映画を観に映画館に来ているのに、その中で僕一人だけ映画も観ずに坊さんの頭ばかり観てたわけですよ。なんていうか僕がマイノリティだった。

名前
コメント