狂い電話

狂い電話

Date: 2002/12/16

昨日のラジオ放送は本当に疲れました。トークが途切れて放送事故にならぬよう必死で気遣いながらトーク。さらに同時に日記執筆ですからね。やってみて大変さに気がついたのですが、ホント死ぬかと思いました。喋りながら文章書くのがあんなに大変だなんて。

それでですね、午前2時に放送が終了したわけですよ。真夜中の2時に。なんとかラジオも日記更新も終わったので、これで心置きなく眠れる。とか思うのですけど、ホラ、僕ってマメな男じゃないですか。どんなに疲れてて死ぬほど疲れててもステディに電話するのは忘れないのですよ。

眠る前に恋人に電話をかけてですね、「窓の外を見てごらん、星空が綺麗だよ」とか言ったりですね、「君の心にポートスキャン、グッナイ」とか言ったりするんです。まあ、僕はマメな男ですよ。

でまあ、ラジオと更新で非常に疲れてるのですが、これらの電話を省略するわけにはいかないじゃないですか。「サイトと私、どっちが大切なの?」とか聞かれたら嫌じゃないですか。だから、どんなに疲れててもオヤスミコールはするんですよ。

携帯電話を取り出し、彼女に電話をかけます。電波に乗って届けよ、この想い。と言わんばかりに電話をかけるのです。

先ほどまで僕のラジオを聞いていたらしく、すぐに電話にでる彼女。

何やらラジオの内容だとか、日記の内容についてしばらくトークをするのですが、かなり疲れていた僕。そりゃそうです、その直前までラジオで2時間ぶっ通し喋ってたのです。もう疲れ果てて、なんかハァハァ言いながら喋ってました。

ホントにね、正直トークするのが辛くて、彼女と電話しながらも「ハァハァ」と疲労感を顕にしてたのですよ。

そしたらね、あまりに僕がハァハァ言ってるのが気になったのか、彼女が言うんですよ。電話口の彼女がとんでもないこと言うんです。

「そんなにハァハァ言ってどうしたの?オナニーでもしてるの?」

もうね、アホか。どこの世界にオナニーしながら彼女に電話かけるやつがいるんだ。何が悲しくてペロンとチンコを出して摩擦しながら彼女と電話せなイカンのだ。やるなら一人暮らしの見ず知らずのOLとかにイタズラ電話でするわ。

というかね、年頃の娘さんが普通に「オナニーしてるの?」とか言うのが信じられない。それも彼氏に。この人、絶対に狂ってる。

とまあ、彼女の狂いっぷりに驚愕しながらも、なんとか「おやすみコール」を済ませ、眠りについたわけですよ。酒が入ってましたから、それはそれは深い眠りで御座いましたよ。

それでまあ、昼過ぎぐらいまで寝てたのですが、そしたら電話がかかってくるのですよ。枕元で携帯電話のバイブレーションがブルブルと震えておりました。

人が寝てるときに電話かけてくるバカめ、どこのどいつだ!とか怒りながらも、寝ぼけ眼で携帯の画面を見るんです。そしたら

着信中 父

とか出てるんです。キチガイ親父から電話ですよ。ホント、彼からの電話ってのはろくなことがないですからね。出来れば出たくないのですが、出ないなら出ないで面倒なことになるので、仕方なく出ることにするんです。

ピッ

「もしもし、俺だけど、なんか用?」

ちょっと冷たく、クールにアンニュイな雰囲気で言い放つ僕。それを聞いてか聞かずか、電話口の親父が叫びます。

「チンコがとれたああああああああああああああああああ」

いや、意味わかんねえし。

日曜の昼に電話をかけてきてですね、第一声が「チンコがとれた」ですよ。しかもソウルフルな叫び声で。というかね、何があったのかは知りませんが、いい歳したオッサンが息子に電話をかけて「チンコとれた」はないと思うのですよ。やっぱこの人、狂ってる。

でまあ、僕も人の子ですので、やっぱり親父のことが心配ではないですか。本当に親父のチンコが取れたのなら止血もしないといけないし、命に関わると思うのですよ、だからね落ち着いて聞いてみたのですよ。

「はあ?チンコ取れた?取れたチンコはどうしたん?」

ってね。もし取れたばかりなら、氷かなんかで冷やしておけば外科手術で接合することが可能かもしれないじゃないですか。

「取れたチンコはここにあるがな」

とか言うんです。何らかの原因により親父のチンコが取れた、そして取れたチンコは親父の手元に。ということは、やっぱりチンコは取れたばかりなのだろうか。でも、取れたばかりだったら血とかピューピューと噴出して、痛くて痛くて電話してるどころではないと思うのですが。

ということは、親父は性転換手術を受けたのかもしれません。急に自分の中に潜む女や母性に目覚めたキチガイ親父。思い立ったら即行動でモッロコに飛び、チンコを取ってもらったのかもしれません。で、取ったチンコは記念にとホルマリン漬けにして貰って親父の手元にあると。こういうことかもしれません。

まあ、真相はそういうシリアスな話ではなくて、僕が中学時代に美術の課題で作った粘土製の招き猫の貯金箱が壊れただけなんですけどね。親父は何故かその貯金箱を今でも使ってるんですよ。で、その招き猫は、作った当時の僕が何を考えてたのか知りませんが、股間にチンコみたいなバズーカがついてるんですよ。招き猫なのに立派な男根がついた貯金箱。それのね、チンコ部分がポロッと取れたらしいのです。まあ、粘土製ですからね、そんな突起物など簡単に壊れるでしょう。

でもね、そんな古い時代のに作った貯金箱が壊れたぐらいで電話をかけてくるのもアレですし、開口一番「チンコ取れた」とかあり得ないとおもうのですよ。それも実の息子に。ホントね、この人もやっぱり狂ってる。

という風にですね、昨日の夜と今日の昼と、立て続けに狂った人の話し相手になったのですよ。ホント、狂ってる人の相手って疲れるよね。

それでまあ、今日の昼間はテレビとか見てたのですよ。休日の昼下がりの気だるいテレビ番組を見てたんです。なんか、酒井若菜とか出てて、乳とかを揺らしながらドラマをやってたんです。

それを見ながらね、「ああ、酒井若菜もなかなかいいな、こりゃあランキング上げなきゃな」とかボーっと考えてたのですよ。そしたらね、そこに電話が、また携帯電話がブルブル震えているのです。

で、その電話に出てみると

「もしもし、○○急便ですけど」

とか女性の声。なんか宅配便会社の女性ドライバーかなんかだと思うのですよ。それでまあ、荷物を今からウチに届けに来るから、家にいろとかなんとか言うてるんですよ。

別にまあ家にずっといるつもりなので、それはそれで構わないのですが、その電話口の宅配便会社の女性ドライバーの声がですね酒井若菜にムチャクチャ似てるんですよ。ホント、生き写しかってぐらい酒井若菜の声。

もう気になる気になる。電話の向こうの声が酒井若菜ですよ。今まさにドラマに出てる若菜の声が電話口からするんですよ。「今から伺いますので」とか言ってるんですよ、若菜が。

もうね、ムチャクチャドキドキした。ハラハラした。だって、荷物を持って若菜がウチにやってくるんですよ。乳とか揺さぶりながらやってくるんですよ。受け取った証明としてハンコください、ついでにチンコも。とか言いながら、いつの間にか裸になってるかもしれませんよ。ウチの玄関先で。若菜が。

とてもじゃないが平常心でいられない。

普通の人ならね、そんないくら声が似てようと「若菜が来るわけない」とか思うかもしれませんが、例え1%でも可能性がある限り諦めてはいけないとおもうのですよ。もしかしたら本当に若菜がウチにやってくるかもしれないじゃないですか。

だからね、僕は電話口で聞いたのですよ。女性ドライバーである若菜と思しき人に聞いたんです。

「もしかして、酒井若菜さんですか?」

それを聞いた電話口の向こうの女性ドライバーは、しばしの沈黙の後に

「いえ、違いますけど」

とか物凄く冷徹に言われました。

うん、多分ね、女性ドライバーにとっては僕自身が「狂ってる電話の相手」だったのだと思う。いきなり酒井若菜さんですか?とか聞いてくるヤツなんてありえないもの。

結局、彼女や親父のことを「狂った電話の相手」と認定して罵倒していたわけですが、他でもない僕自身も狂ってる電話の相手だったということです。うん、僕キチガイ。デヘヘヘ。

でまあ、その数分後に我がアパートに来た女性ドライバーは、どこをどう見ても酒井若菜には見えない人でした。若菜とは性別ぐらいしか同じところがないような人でした。というか性別も同じかどうか怪しい。

届いた荷物は、親父からで、「イワシの干物ダンボール1箱」でした。連絡もなしに送ってこられても困るのだが・・・・。やっぱこの人、狂ってる。

名前
コメント