そして日常へ

そして日常へ

Date: 2002/08/26

というわけで、約17日ぶりに社会復帰を果たしたpatoで御座います。みなさんこんにちは。

いやはや、17日も仕事を放棄していますと、もう仕事なんかしたくないと世捨て人のような感覚に襲われるのですが、それでも頑張って来ているのですから僕ってば根っからの企業戦士のようです。立派なものです。

それはそうと、さすがに久々の職場ともなると、様々な状況が変化しているものでして、A子さん(職場の事務員さん、チンゲ)がヘンテコリンなパーマネントを頭にあてておりました。笑わずにはいられない。

さらに、さすがに職場放棄しすぎてデスクを隠されたりとか陰険なイジメをされてるかと予想してたのですが、無事にデスクはありました。ちょっと拍子抜け。でも、デスクの上に山のように書類が置かれております。たぶんサマーバケーション中に溜まっていた仕事だと思います。まあ、とりあえず見なかったことにしておきます。

さらにさらに、17日も不在にしておりますと、17日前に食べ残したカップラーメンの汁が見事に腐り果てておりまして、異様な生物が誕生しておりました。こいつらの進化スピードは計り知れない。わお、エボリューション

さらにさらにさらに、17日も不在にしておりますと、いつの間にか食堂のオバチャンどもの間で政権交代が起こったらしく、全てのオバチャンが見知らぬオバチャンに変化しておりました。これで「私が10歳若かったらあんたにアタックするのに」などと、エビフライをつまみながら背筋が凍るような事を言われなくて済みます。アンタ、10歳若くても僕の母さんぐらいの年齢じゃないか。

あ、それはそうと代打日記祭りの代打日記を全て書きました。24サイト分書きました。24本の日記なんて考えられない。とりあえず申し込んでいただいたサイト様には今夜中には発送できるものと思われます。心してお待ちください。

それにしても、代打日記を前々から書き溜めておこう書き溜めておこうと考えてたのに、全然書いてなくて、今朝の段階で20本分残ってました。締め切りが迫って必死になって書く姿は、なにやら少年時代の夏休みの終わりに通じるものがあります。やはり26歳になっても根本では変わらないんだなということです。

とまあ、とりとめもなくつまらぬことをダラダラと書いてみました。どういうことかというと、アレだ。ほら、アレだ。えーーーっと

通常日記を書くのは久々なので、書き方を忘れた。

そのうち思い出すと思います。と思ったらヌメラーズウィークでまた通常の日記がかけないのですね。もしかしたら永遠に書き方を忘れるかもしれません。

というわけで、明日はサンクスヌメラーズウィーク1日目代打日記祭りです。ウォンチュ!←やはりノリがおかしい

名前
コメント